海津市 海津市 ホンダ S2000 №1クラッチOVH・スターター取替  ナンノーオート

サブページメイン画像

海津市 ホンダ S2000 №1クラッチOVH・スターターモーター取替

 まず、リフトアップして、プロペラシャフトを脱着します。外したプロペラシャフトは、最後に付けるので、無くならないように、ちゃんと保管します。

ミッションとデファレンシャルをつないでいる、棒を外します。

 ミッションやデファレンシャルを止めているプロペラシャフトを
脱着したら、シール類からオイルが漏れているか、確認します。
ここまで外すので、シール類は、交換しましょう。
これから、ミッションを脱着します。


エキゾーストマニホールドが、邪魔になるので、外します

 左側の写真は、スターターモーターです。手が入らないです。

右側の写真は、パワーステトルクセンサーです。

 エンジン廻りの付属品を、全て脱着します。

手が入らないから外します。

 左の写真は、スターターモーターを、ここから脱着します。
右側の写真は、ミッションに付いているボルトが外せないので、マニホールドを、外すしました。

ホンダ車は、昔から作業性が、悪いことで、有名です。

 左側の写真は、マニホールドとセンターマフラーを外しました。

右側の写真は、スターターモーターを外し新品と交換します。

 左側の写真は、エンジン廻りについてた部品です。ここまで外さないと、手が入らないのです。

右側の写真は、ミッションジャッキをセットして、ミッションを脱着します。

 クラッチVOHをするのに、ミッションを脱着します。ただ、エンジンの後ろに、フレームが当たり、左右のすき間が少なくて、ミッションが脱着出来ません。

4人がかりで、左右エンジンマウントを外し、エンジンを下げて、すき間を増やして脱着しました。
さすがホンダ、何も作業性を考えていないメーカーです。



 ミッションを脱着して、クラッチカバーからの汚れを落としています。
こんなに、汚れています。

右側の写真は、左側からフライホールと真ん中がクラッチディスクと右側がクラッチカバーを取替ます。

 クラッチディスクがこんなに、減っています。前から滑っているのが分かります。

新品のフライホール・クラッチディスク・クラッチカバー・レリーズベアリング・クラッチフォークを取付ました。
画像が無くなったので、№2クラッチVHOにミッションを組み付けている画像がありますのでよろしくお願いいたします。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0584-56-1511
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

中古車販売の他のページ