海津市 海津市 マツダ タイタン クラッチが硬くてギヤが入らない修理  ナンノーオート

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • 海津市 マツダ タイタン クラッチが硬くてギヤが入らない修理

海津市 マツダ タイタン クラッチが硬くてギアが入らない修理

 まず、ジャキアップして、下廻りの作業が出来るすき間を確保します。

バッテリーを脱着します。付属品も脱着します。ミッションを脱着するので、緩衝しないようにします。

 プロペラシャフトを脱着します。

スターターモーターも脱着します

 ダンプを上げるPTOモーターも脱着します。

PTOモーターも脱着しないと、ミッションに、緩衝するので。

 ミッションが、ようやく、スッキリした状態になりました。

ただ、リヤマフラーが、緩衝しないか、心配です。

 クラッチレリーズシリンダー脱着します。

ようやく、クラッチフォークが見えました。

 ミッションASSY脱着しました。ようやく、壊れた原因が分かります。

ミッション側を見ると、クラッチフォークに付いている、レリーズベアリングが、壊れていました。

 レリーズベアリングが、壊れているので、クラッチが押さないです。

クラッチレバーが、硬くて、ギアが入らないです。

 左側の写真は、クラッチフォークが、変形して、レリーズベアリングが、壊れています。

右側の写真は、クラッチカバーが、丸く削れています。レリーズベアリングが、動かないので、削れたと、思います。

 クラッチ板も、削れていました。いつも半クラッチ状態だったからです。

フライホールも、クラッチ板が、いつも引きずっているのが、摩れた跡が分かります。

 クラッチ板・クラッチカバー・クラッチフォーク・レリーズベアリングを新品と、交換します。

後は、ミッションを組み付けて、元通りに、取り付ければ、作業が終了です。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0584-56-1511
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ