海津市 海津市  トヨタ ノア ウォーターポンプを交換  ナンノーオート

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • 海津市  トヨタ ノア ウォーターポンプを交換

海津市  トヨタ ノア ウォーターポンプを交換

 ウォーターポンプが壊れて、ファンベルトがちぎれました。

ウォーターポンプがロックした、せいでファンベルトが、切れました。

 172.000Kで、ウォーターポンプが壊れるのは、珍しいです。

通常は、大体100.000Kぐらいで、壊れるので、良く持った方だと思います。
ただ、オーバーピートした、跡があるので、心配ですね。

 左側の写真は、オルタネーターを脱着しないと、ウォーターポンプが交換出来ません。

右側は、ウォーターポンプが見えましたが、プーリーが、斜め向いています。

 ウォーターポンププーリーが、斜め向いているいると、エンジンのハウジングに、キズが付いているような、感じがします。

そうなると、アルミのハウジングを、交換しないと、ダメなので、すごい作業と金額が掛かる可能性があります。

 ウォーターポンプを脱着しました。ハウジング側には、キズが付いていないので、良かったです。

ウォーターポンプポンプの横に、サーモスタットが付いています。サーモスタットも交換します。

 左側の写真は、上から見たウォーターポンプケースです。

右側の写真は、サーモスタットケースです。結構狭いので、大変です。

 左側の写真は、サーモスタットです。水温が高くなると、丸い弁が開きます。水温が冷えている時は、弁が閉じています。(水温をあげるのは、ヒーターを効くためのものです)

右側の写真は、ウォーターポンプです

 ウォーターポンプは、エンジンを冷やすための物です。壊れると、オーバーピートを起こす原因です。

新品と、壊れたウォーターポンプの形が変わっています。
もしかしたら、対策品に変更されたかも知れないです。

 ウォーターポンプは、フィンが付いています。これが回るためです。

ようやく、新品と、交換して、サーモスタット取替て、オルタネーターを取付て、ファンベルトを取付て作業は終了します。

 エンジンを回して、作動を確認します。

後は、冷却水を交換したので、エアー抜きをします。ある程度温度が上がったら、エンジンを止めて、冷却します。それを2~3回繰り返して、エアー抜きをします。
エアー抜きしないと、オーバーピートの原因になります。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0584-56-1511
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ